血糖値を下げる!血糖値を下げる方法

血糖値のためにもお酒は控えましょう

血糖値の減少や健康を考えているのであれば、お酒の飲みすぎは
控えるようにしましょう。
お酒は、時として、健康にも役立ちますが、飲みすぎれば、体を壊します。
血糖値の数値が気になる人は、量を控えめにするだけでなく、
ビールなどは低カロリーのものに変えるなどの工夫が必要です。


仕事を終えて、晩酌をする人や友人とお酒を楽しむ場合もあるでしょう。
しかし、お酒の飲みすぎは、肝臓に負担を掛けるので、注意しましょう。
また、お酒によっては、カロリーが高く、血糖値を上げるものもあります。
また、お酒を飲むときは、何かおつまみをつまみながら、
飲む機会も多いので、高カロリーになりやすいのです。


kettou6.jpg


アルコールを分解するために、肝臓やすい臓など体が総動員で
活発に働きます。
しかし、多量にお酒を飲んだ場合は、アルコールが分解されずに、
肝臓に大変な負担を掛けることになります。
また、肝臓がアルコールを分解するためには、糖分が使われるので、
急激に血糖値が下がる場合があります。
徐々に正常の数値に戻りますが、アルコール性低血糖になり、
昏睡状態になることもあります。
ですから、普段、低血糖気味の人は、注意しましょう。


日本酒などは、糖分が多く血糖値を上昇させてしまいます。
また、アルコールによって、血管が拡張さて、一気に流れる血液によって、
動脈硬化を促進してしまう可能性もあります。
また、心筋梗塞や脳卒中を招くこともあります。


重篤な状態にならないように、体に負担を掛けない飲み方をするようにしましょう。


血糖値が普段から高い人は、1週間のうち1日か2日を休肝日にし、
飲む量に気をつけて飲むようにしましょう。


↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2013 血糖値を下げる!血糖値を下げる方法 All Rights Reserved.